簡単にリサイクルできる

アルミ缶とスチール缶

缶を捨てる前に、種類が何なのか調べてください。
2種類の缶があるので、それぞれを分別しなければいけません。
しかし見た目は両方そっくりなので、判断するのが難しいでしょう。
缶をよく見ると、リサイクルマークが記載されています。
アルミやスチールと名前が書かれているので、すぐ種類がわかるでしょう。

街中を見回すと、缶のゴミ箱が設置されています。
ですから外出先で捨てることになっても、すぐ捨てられるでしょう。
分別だけ、間違えないよう注意してください。
誰でも積極的にリサイクルできるように、わかりやすいマークがかかれています。
リサイクルすることで環境を守れるので、今からでも実践してください。
綺麗な自然を残しましょう。

何に生まれ変わるのか

スチール缶は、鉄の部品に生まれ変わります。
それは自動車や建物を作る時に使われています。
なくてはならない部品なので、スチール缶を捨てる際はきちんと分別しましょう。
一方アルミ缶は、再びアルミ缶になることもあればアルミ製の部品に生まれ変わることもあります。
そちらも、自動車の部品に使用されることが多いです。

多くの人が、自動車を使っているでしょう。
みなさんに関係あることなので、リサイクルを意識してください。
これまでは、何でも同じだと思っていた人がいると思います。
しかしアルミや、スチールといった種類があることを忘れないでください。
正しく分けて、新しい製品を生み出せるよう努力しましょう。
みんなの意識が非常に重要です。



TOP