簡単にリサイクルできる

見た目だけでは、何に該当するものなのかわからない場合があります。 しかし、判別するためにリサイクルマークがついています。 ゴミ箱に入れる前も、どんなマークがついているのか確認してください。 缶の分別をする時に、とても役に立ちます。 間違えないでリサイクルしましょう。

ペットボトルとプラスチック

飲み物が入っているものは、主にペットボトルです。 プラスチックではないので、間違えないでください。 それらもすぐに分別できるよう、マークが記載されています。 プラスチックとペットボトルは、強度が異なります。 それぞれ、どんなものに生まれ変わるのでしょうか。

森林の伐採を防ごう

紙をリサイクルすると、新しい紙に生まれ変わります。 すると森林をこれ以上伐採しなくても良くなるので、自然保護に繋がります。 紙製品にも、リサイクルマークがついています。 具体的にはお菓子の空き箱、牛乳パック、紙トレイなどです。 正しい方法で、処分してください。

分別しやすくする目的

缶はリサイクルできるものですが、アルミとスチールがあります。
それぞれリサイクル方法が異なるので、きちんと分別しなければいけません。
しかし見た目で、アルミなのかスチールなのか見極めるのは難しいです。
そこで、リサイクルマークを見てください。
マークを見ると、名前を書いてあるので簡単に分別できます。
アルミやスチールをリサイクルすることで、自動車の部品を作れます。
資源の無駄遣いを避けるために、再利用しましょう。

ペットボトルや、プラスチックにもリサイクルマークが付けられています。
その2つも似ているので、間違えて分別することが多いです。
しかし、ペットボトルの方が強度が高く、またリサイクルして作れるものも違います。
プラスチックは、再びパックなどリサイクル製品になることが多いです。
しかしペットボトルは、布製品に生まれ変わることが可能です。
みなさんが来ている衣類も、元々はペットボトルだったものかもしれません。

紙もリサイクルできるものです。
紙パックや、お菓子のパッケージに紙のリサイクルマークが記載されているでしょう。
ほとんどの紙製品にマークが書かれているので、正しく分別してください。
紙製品を処分する際は、資源ゴミに出してください。
さらに電池にも、リサイクルマークがついていることをみなさんは知っていたでしょうか。
小型の電池を捨てる際は、回収ボックスに入れてください。
するとリサイクルされて、新しい電池に生まれ変われます。


TOP